スマートフォン版はこちら
  • [1F]
    たばこと塩の博物館
    エントランス

  • [3F]
    たばこの歴史文化
    〜パレンケ遺跡〜

  • [3F]
    江戸時代のたばこ文化

  • [3F]
    たばこメディアウォール

  • [2F]
    世界の塩資源

  • [2F]
    塩のサイエンス

開館時間

開館時間午前10時〜午後5時
(入館締切は午後4時30分)

入館料

入館料大人・大学生 100円
小・中・高校生 50円

休館日

休館日月曜日(月曜が祝日、振替休日の場合は直後の平日)、年末年始(2022年12月29日~2023年1月3日)

特別展・企画展・イベント情報EVENT INFORMATION

  • 2022年9月10日(土)~12月25日(日)

    現在の特別展
    ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク

    ライターは、近代ヨーロッパで発明された喫煙用の着火具です。1920~50年代の欧米では、アール・デコ調のデザインを取り入れ、メッキやエナメルなどの美しい加工を施した銘品が多く生まれました。第二次世界大戦後には日本も世界屈指のライター製造国となりました。本展では、ライターの前身であるさまざまな着火具や、ダンヒル、ロンソン、エバンス、ジッポなどの銘品を展示します。また、戦後の国産オイルライターを展示し、隅田川地域の地場産業としてのライター製造のあゆみも紹介します。
    続きはこちら

    ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク

  • 2023年1月21日(土)~4月9日(日)

    江上幹幸コレクション インドネシアの絣・イカット ~クジラと塩の織りなす布の物語~

    多くの島からなるインドネシアでは、地域ごとに色彩も意匠もさまざまな絣=イカットが織られています。伝統捕鯨を行うラマレラ村のあるレンバタ島でも、綿花を育て、紡ぎ、藍や茜から得た染料で括り染めしてイカットを織ります。島のイカットは、クジラ肉はもちろん、自ら作った塩、染料に必要な石灰など「海の恵み」を持つ海の民と、穀物や藍や茜など「山の恵み」を持つ山の民との間で続く素朴な交易なしには生まれませんでした。本展では、江上幹幸氏が現地で蒐集したイカットに加え、クジラ漁や製塩など島の暮らしを写真で展示し、イカットにまつわる文化の魅力を紹介します。
    続きはこちら

    江上コレクション インドネシアの絣・イカット ~塩とクジラの織りなす布の物語~

Prev Next

NEWS

新着情報
NEWS

  • 2022.11.1

    「ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク」展の展示紹介動画を公開しております。ぜひご自宅でもお楽しみください。
    展示紹介動画はこちら

  • 2022.10.6

    ご来館にあたっては、当館の「新型コロナウイルスに関連した対応について(2022.10.1)」をご覧いただき、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

    〈新型コロナウイルスに関連した対応について(2022.10.1)〉
    詳細はこちら

    なお、今後も状況によっては変更が生じる場合がございます。
    最新の開館情報は公式ツイッターでお知らせします。ご来館の際には必ず事前のご確認をお願いいたします。

  • 2022.9.10

    特別展「ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク」開催中!
    詳細はこちら

  • 2022.9.10

    次回の特別展「江上幹幸コレクション インドネシアの絣・イカット ~クジラと塩の織りなす布の物語~」は、2023年1月21日(土)より開催!
    詳細はこちら

  • 2022.4.1

    「丸山コレクション 西アジア遊牧民の染織 塩袋と伝統のギャッベ展」の展示紹介動画を公開しております。ぜひご自宅でもお楽しみください。
    YouTube公式チャンネルはこちら

  • 2022.1.4

    旧年中もありがとうございました。
    新年は1月12日(水)から開館します。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • 2021.11.1

    「杉浦非水 時代をひらくデザイン」の展示紹介動画を公開しております。ぜひご自宅でもお楽しみください。
    YouTube公式チャンネルはこちら

CALENDAR

イベントカレンダー
CALENDAR

※カレンダーをクリックすると、詳細を見ることができます。

  • 2022年 12

  • 2023年 1

  • 2023年 2

  • 2023年 3

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
Adobe Readerのダウンロードページへ